情報商材に騙された…要注意すべきは先物取引投資、アフィリエイト、物販等

情報商材に騙されたお金のトラブル
この記事は約3分で読めます。

⇒情報商材トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

最近では、インターネットが普及してきているため、多くの情報を誰でも簡単に手に入れられるようになりました。しかし、便利になった反面、甘い誘惑がある情報商材に騙される方が多くいます。

特に、大学生などは大人のいうことを全て鵜呑みにしてしまうため、騙されやすいです。一度騙されてしまうと、せっかくやる気のある若者もやる気を無くしてしまいます。彼らは、なぜ騙されてしまうのでしょうか?

⇒情報商材トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

昔の友人に情報商材を売り込まれる

僕には、小学校・中学校・高校と学生時代常に一緒に過ごした友人がいました。クラスも何度か一緒になり、普段からよく遊ぶような友人でした。

しかし、高校卒業後それぞれ就職(僕)と大学(友人)へ進み、なかなか会えなくなってしまいました。次第に、連絡が無くなってきていた頃、急に友人から連絡が来ました。

久しぶりにご飯行かない?」という連絡に対し、何も疑うことなく「いいよ」と返事をしました。そして、当日は他の友人を誘うことはなく、2人でご飯を食べに行きました。会話の内容は、一般的な20歳がするような会話です。

思い出話やふざけ合った頃の話、同級生の現在の話などで普通に楽しい食事をしていましたが、急に友人が話の話題を変えました。

「最近どう?」と言われ、「え?どうって?普通だけど?」と答えると、「実は俺、今めちゃくちゃ稼いでんだよね」と言われました。この時は、「そうなんだ」くらいにしか思わず、疑いませんでした。

そのまま、友人は僕の給料を聞いてきたかと思うと「やすっ!」と答えました。僕は、少しイラっとしていると、「もっと簡単に稼ぎたくない?」と言われました。お金稼ぎには興味があった僕は、「稼げるのであればもっと稼ぎたい」と答えると、「今度の日曜日に、俺よりもっと稼いでる先輩に会わせてあげるよ」と言われ、そのまま会うことになりました。

⇒情報商材トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

友人よりも稼いでいる?先輩

別の日に、待ち合わせた場所は渋谷にあるカフェです。友人と駅で待ち合わせをして、カフェで10分ほど待機していると、少し遅れて先輩がやってきました。

「君が〇〇君?」と言われ、最初からフレンドリーな感じ箸かけられると、雑談から始まり、徐々にお金の話に切り替わりました。

どのくらい稼ぎたいのか?現状には満足していないのか?などなど。

タイトルとURLをコピーしました